ヘルケアと禁煙

タバコ禁煙ではなく節煙

 

ヘルケア血圧

職業:介護士
年齢:26歳
性別:男性
血圧:170(上)〜80(下)
私の工夫は・・・

 

 

薄々感じてはいた

 

祖父、父親共に高血圧の薬を飲んでいた為、自分にも高血圧になりやすい体質が遺伝しているのではないかと薄々感じてはいた。

 

実際、高校生ごろから、再検をすれば140以下にはなるが、上が138ぐらいで、高血圧判定ギリギリということが続いていた。

 

就職して仕事を始めたが、介護士なので夜勤もあり、生活も不規則になりがちになっていった。
その後職場の健康診断で血圧が170という数値をたたき出し、このままでは危ないと感じ、どうにかしなければならないと意識し始めた。

 

 

喫煙習慣を少しでも改善させること

 

ヘルケアタバコ禁煙ではなく節煙

仕事柄不規則な生活習慣は避けられないし、夜勤上がりや遅出の後はどうしても外食や買い食いも多くなってしまう。

 

その中でもどうにかして血圧値を改善できないかと考えていた時、煙草を止めればいいのではないかと気付いた。
煙草は高血圧を進行させる最たるものだ。

 

それまで一日一箱以上吸っていたので、このままでは高血圧が治るはずがない。

 

しかし、私にはいきなり辞める勇気もなかった。
そこでまず、煙草の本数を減らすことにした。

 

一時間に一本以上は吸わないことを心がけるようにした。
本来なら禁煙するのが一番良いのだろうが、急な禁煙も成功するか失敗するか分からないし、ストレスが溜まってしまう。

 

私には少しずつ本数を減らしていくことが良いと思えたのだ。
禁煙ではなく節煙であると思うと、ハードルも心なし軽く思えた。

 

 

無理のない範囲で行うということ

 

やはり第一に言えることだが、節煙よりは禁煙の方が良いのは当たり前である。

 

節煙の良いことは、私のように禁煙をしたくないという人にとってハードルが比較的低いということである。
節煙を意識しだして三年経過したが、私はまだ禁煙には至っていない。

 

それでも、一日に一箱以上吸っていた煙草が、一月で二十箱以下に減ったのだから、決して成果がなくはなかった。
節煙以外は高血圧に対しての対策はあまりできていないが、それでも前回の健康診断では最高値が128とだいぶ落ち着いてきたことを自分でも感じている。

 

私が思うに、高血圧に対する対策で重要なのは、ストレスを溜めないことだと思う。

 

急に野菜中心の食生活にしようとしたり、運動習慣をつけようとしたら、きっとストレスが溜まって高血圧は悪化していただろう。
急な禁煙も同じだ。

 

節煙という緩やかな方法だから、続けていくことが出来たのだと思う。

 

何事もいきなりではなく、少しずつ行うこと。きっと、それが高血圧に対する一番の対策方法だ。
このまま週に一度ほど休煙日を作り、禁煙に近づいていこうと思う。


 

【管理人より一言PR】
東証一部上場エーザイのヘルケアは、血圧ケアのサプリメントです。
ご存じのとおり、エーザイは製薬会社ですから、GMP基準を意識している企業で、信頼性もあり、またサーデンペプチドの関与成分が含まれトクホを取得しています。
このように特保で立証されているヘルケアは、特に次のような人に向いています。

もし、当てはまるのであれば、一度検討をしてみてはいかがでしょう。
また、ヘルケアは初回に限りとても安く提供しているWEBサイト限定ページがあり、申込方法も詳しく記載していますので、是非ご参考にして下さい。