ヘルケアと塩分

塩分と糖尿食で血圧ケア

 

ヘルケア血圧

職業:専業主婦
年齢:55歳
性別:女性
血圧:150(上)〜100(下)
私の工夫は・・・

 

 

体がしんどいと思って診察したら

 

少し歩いても、息切れがして体調がしんどいと思ったので診察しました。
その結果、上の血圧が150と下の血圧が100で高いといわれました。

 

薬は出してくれましたが、塩分が血圧と関係あると知って気を付けることにしました。

 

 

塩分を減らすのとカリウムが多い食品

 

ヘルケア塩分と糖尿食で血圧ケア

塩分を減らすために、2とおりのことを実施しました。
できるだけ減らす努力と、塩分を外に排出する栄養素をとることです。

 

塩は藻塩を、使いました。
藻塩は、塩分が少ないだけでなく摂取したナトリウムの吸収を抑制してくれると聞きました。

 

しょうゆは、減塩しょうゆを使いました。
そして、しょうゆを酢と混ぜることによって、味に変化があり少ししか使わなくなりました。
しょうゆと酢だけではものたりないので、砂糖を入れました。

 

砂糖ですが、一般の砂糖ではなくカロリーゼロタイプを使用しました。

 

血圧ケアに良いと言われるカリウム、それhが含まれている食品は、レーズン、バナナ、アボカド、牡蠣など様々ありますす。

 

特に、アボカドはいままであまり使ったことがない食品だったのですが、とてもおいしかったです。
ブロッコリーと合わせて、サラダにすると緑黄色野菜も一緒に撮れます。

 

アボカドのオイルは、中性脂肪やコレステロールを低下させレくれる効果もあると聞きました。
食物繊維もたっぷりなので、朝はスッキリ感もあります。

 

高血圧で、参考になったのが糖尿病の食事です。
減塩で、血糖値を上げない工夫があります。

 

野菜を先に食べて、つぎに肉や魚、最後にごはんを食べる事や、ごはんには、ベータグルカンや食物繊維が多いもち麦を入れて工夫をしました。

 

 

継続が大事

 

塩分に注意した食事で、メリットは血圧や血糖値も穏やかになったことです。

 

1日3食、規則正しくとることが必要になってきます。

 

私は、専業主婦なので十分に料理の時間をとることができます。
働いている女性は、なかなか料理に時間をかけることが難しくなると思います。

 

このようなときは、スーパーでも減塩タイプのお惣菜を売っています。
糖尿病食の宅配や、冷凍食品もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

 

デメリットは、洋風の食事があまりできないということです。
カレーやグラタン、ラーメンなどはほとんど食べなくなり和食が中心になりました。
和食が好きな人はいいのですが、洋風料理が好きな人はものたりないかもしれません。

 

子供が小さい方は、子供用のメニューと糖尿食を作るので時間がかかります。
食費も、以前と比べるとアップしています。

 

デメリットがあっても、血圧が穏やかになる事は大きいです。
継続しやすい方法で、やっていくのが効果が上がるコツになります。


 

【管理人より一言PR】
東証一部上場エーザイのヘルケアは、血圧ケアのサプリメントです。
ご存じのとおり、エーザイは製薬会社ですから、GMP基準を意識している企業で、信頼性もあり、またサーデンペプチドの関与成分が含まれトクホを取得しています。
このように特保で立証されているヘルケアは、特に次のような人に向いています。

もし、当てはまるのであれば、一度検討をしてみてはいかがでしょう。
また、ヘルケアは初回に限りとても安く提供しているWEBサイト限定ページがあり、申込方法も詳しく記載していますので、是非ご参考にして下さい。