ヘルケアと控えた方がいい物

控えた方がいい物

血圧ケアをするにあたり、日常生活の改善は欠かせません。
そこでここでは、日常生活で特に血圧に良くないものを取り上げて紹介をします。

 

心当たりのある人は、是非この機会に改善をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ヘルケアボタン

塩分

 

ヘルケア塩

 

血圧を気にする人ではあれば、塩分の削減は当たり前ではないでしょうか。
塩分は、食生活の工夫で削減できる血圧ケアには欠かせない取り組みになります。

 

特に日本人の場合は、世界中の国から見ても濃い味や塩辛いものを好む傾向にあります。

 

2015年4月1日の厚生労働省の発表では日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量を男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満が良いとしてます。

 

それでも、WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値は5g未満としていますので、日本はちょっと甘めの設定のようです。

 

 

塩分が良くない理由

 

血圧に塩分が良くないとされる理由は、様々ありますが代表的なのが浸透圧の調整の為です。

 

例えば、塩辛いものを食べると喉が渇くというか水分が欲しくなりませんか?
これは、身体に必要以上に塩分が有ると、それを一定に保とうとする体の働きで水分が必要になってくる為です。
その影響で、血液も増え血管にも増えた血液が流れ、押し広げる事になり、血圧が上がるという仕組みです。

 

また、ナトリウム(塩)を取り過ぎると交感神経に刺激を与え、その影響で血管を縮める、収縮させることにも繋がり、血圧を悪化させるとも言われています。

 

 

塩分が多い食べ物

 

以外と塩分が多く含まれている食べ物を紹介します。

 

  • 調味料(醤油、味噌、ソース)
  • 漬物(たくあん、梅干し)
  • インスタント食品(カップ麺、うどん)
  • 加工品(ハム、ベーコン)
  • 干物(塩サケ、アジの開き)

 

以上のように様々ありますが、味付けはレモンを代用したり、香味料、酸味、天然だしなどを利用し味のバリエーションで工夫するなど、塩分を控えるように心がけてみてはいかがでしょう。

 

ただ、厳しい設定だからと言っても無理に減塩をして、逆にストレスになってしまっても血圧には良く有りませんので、無理のない範囲で少しずつ取り組んでいきましょう。

 

 

ヘルケアボタン

アルコール

 

ヘルケアアルコール

 

アルコールも血圧には良くない飲み物の一つになります。
少量のアルコールであれば、血流も良くなり「百薬の長」と言われ影響は少ないのですが、飲みすると逆に悪い影響へと転じてしまいます。

 

飲みすると顔が赤くなる人がいますが、これは遺伝的にお酒に弱くアセトアルデヒドの影響によるものですが、このタイプの人は、飲み始め短時間で血圧が上がる事も懸念されますので注意が必要です。

 

 

アルコールの量

 

アルコールを飲むとどれくらい血圧が上がるかというと、日本酒1合(30ml)で3mmHg上昇すると言われています。
この量は、ビール大瓶1本、ワインだと2杯分との事。

 

この事を考えると、お酒の適量は以下の通りとなりますので、休肝日を設けたり適量にしたり、心がけをしてみましょう。

 

  • 日本酒1合
  • ビール大瓶1本
  • ワイン2杯

 

 

ヘルケアボタン

喫煙

 

ヘルケアたばこ

 

喫煙も血圧には良くないと言われています。
たばこに含まれているニコチンや一酸化炭素により副腎、更には交感神経にまで刺激を与え血圧を上げるとの説があります。

 

たばこに関しては、血圧だけではな無く様々な悪影響があり百害あって一利なしといわれていますので、この機会に禁煙に励んではいかがでしょう。


 

【管理人より一言PR】
東証一部上場エーザイのヘルケアは、血圧ケアのサプリメントです。
ご存じのとおり、エーザイは製薬会社ですから、GMP基準を意識している企業で、信頼性もあり、またサーデンペプチドの関与成分が含まれトクホを取得しています。
このように特保で立証されているヘルケアは、特に次のような人に向いています。

もし、当てはまるのであれば、一度検討をしてみてはいかがでしょう。
また、ヘルケアは初回に限りとても安く提供しているWEBサイト限定ページがあり、申込方法も詳しく記載していますので、是非ご参考にして下さい。